企業に雇われ続けるのであれば、
簿記1級と税理士資格のどちらを目指すべきかといえば、
簿記1級だと思います。

その理由としては以下の2点です。

まず第一に、そもそも税理士の仕事内容を考えてみますと、
税理士の仕事とは、依頼者を代理して、確定申告書を作成して、税務署に提出したり、
税金についての相談業務が主な仕事内容です。
つまり、会社の経営に携わるのではなく、
税金に携わることが主な仕事になるのです。
続きを読む