企業に雇われ続けるのであれば、
簿記1級と税理士資格のどちらを目指すべきかといえば、
簿記1級だと思います。

その理由としては以下の2点です。

まず第一に、そもそも税理士の仕事内容を考えてみますと、
税理士の仕事とは、依頼者を代理して、確定申告書を作成して、税務署に提出したり、
税金についての相談業務が主な仕事内容です。
つまり、会社の経営に携わるのではなく、
税金に携わることが主な仕事になるのです。
税理士は、資格取得後は、税理士事務所で勤務することになります。

近年では、税理士も難関資格であるとはいえ、弁護士同様、
飽和状態にあり、ただ取得しただけで食べていける資格ではありません。
すでにたくさんの有資格者が活躍しています。
その中から、自分の顧客を獲得することは大変難しいことです。
よっぽどの人脈がなければ、なかなか難しいと考えられます。

昔から個人事業主として活躍している方にも、
固定した税理士の先生がいる場合が多いです。
そうした方々から顧客を奪うことは難しいです。
また、顧客を得たとしても、自分自身も他の資格者に顧客を取られてしまう可能性があるのです。
税理士といえども、顧客に頭を下げ、仕事を貰い、フットワーク軽く活躍し続けることが必要になるのです。
これは、独立しても、税理士事務所に勤務していても同じことのようです。

そして、さらに上を目指して公認会計士という選択も出てきます。
公認会計士になるには、公認会計士試験に合格後、
公認会計士事務所に入り、補助業務を2年以上行い、
さらに1~3年かけて実務補習を受けます。そして、終了考査を経て、公認会計士として登録後、ようやく公認会計士です。

年齢が若ければ、税理士から公認会計士になるなど、
ステップアップが可能です。

しかし、ある程度の年齢になってしまうと、
やはり、資格を取得すれば暮らしていける、というわけではないようです。

そして第二に、税理士の資格を取得すると、
企業としては、税理士を雇うことになるので、
お給料をあげる必要が出てきます。

しかし、実務経験のない税理士を高額な経費で雇いたいと考える企業はあるでしょうか?
残念ながら、そのような企業はあまり多くはないと考えられます。

その点、簿記1級であれば、潰しが効きます。
おそらく、資格取得手当程度で済むのではないでしょうか。

以上のことから、一般企業に雇われ続けていくのであれば、
簿記1級で十分であると考えられます。

関連記事
税理士と簿記一級、私が選びたい資格 - THE寿
http://nori8nori.blog.fc2.com/blog-entry-30.html